ここから本文です

朴大統領からの秋夕の贈り物を突き返したピョ議員

ハンギョレ新聞 9月10日(土)19時36分配信

「国民に向け、セウォル号法改正、農民ペク・ナムギさんのお見舞いという贈り物を与えてほしい」

 今回は朴槿恵(パククネ)大統領が一本取られた。共に民主党のピョ・チャンウォン議員は最近、朴大統領の秋夕(チュソク、中秋節)の贈り物を返送した。秋夕の贈り物は家族と名節を楽しむことができずに苦痛をなめている国民に与えてほしいという忠告とともにだ。

 ピョ議員は8日、ツイッターに「大統領が国会議員などに贈り物をする代わりに、セウォル号特別法の改正、(警察の放水銃の被害者である)農民ペク・ナムギさんのお見舞い、開城(ケソン)工業団地の被害企業と勤労者への補償、少女像を撤去しないという約束、ウ・ビョンウ民政首席の解任、高位公職者不正捜査処の新設など、国民にあたたかい秋夕の贈り物を与えて下さればと思います」という文を載せた。ピョ議員室側は「大統領府の贈り物だから返送したのではなく、議員室に配達されたすべての贈り物を返送している」とし、拡大解釈を警戒したが、ピョ議員のツイートは「野党と国民の批判に耳を傾け、国政を正しくすることが国民のための真の秋夕の贈り物」という意味に読み取れる。

 一方、朴大統領は今週初め、国会議員らに慶山ナツメ、驪州(ヨジュ)新米、長興(チャンフン)ビーフジャーキーを秋夕の贈り物として送りながら公職綱紀秘書官出身である共に民主党のチョ・ウンチョン議員を除いたことで、ネチズンから「ねちっこい」「せこい」と批判を受けている大統領府は、別途釈明を出した。大統領府側は「選挙法や政治資金法違反の疑いなどで裁判を受けている議員には秋夕の贈り物をしなかったと聞いている」とし、「このような慣例に従って、一部の議員には贈り物をしないこともある」と明らかにした。 チョ議員も「大統領府文書流出」事件で裁判中のために除かれたという説明だ。実際、政治資金法違反の疑いで裁判を受けている国民の党のパク・ソンスク、キム・スミン議員も贈り物リストから除外されたと伝えられている。

ソク・ジンヒ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)

最終更新:9月10日(土)19時36分

ハンギョレ新聞