ここから本文です

THE YELLOW MONKEY 15年9か月ぶりNEWシングル発売! タイトル曲はドラマ『砂の塔』主題歌に

Billboard Japan 9月10日(土)6時55分配信

 2016年1月8日に15年ぶりの集結を発表し、ツアー【THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016】を行っているTHE YELLOW MONKEY。ニューシングル『砂の塔』が、2016年10月19日にリリースされる。

THE YELLOW MONKEY 関連画像

 本作は2001年1月の活動休止後にリリースしたシングル『プライマル。』以来、実に15年9か月ぶり通算25枚目のオリジナル・シングル。タイトル曲は10月14日より放送開始となる菅野美穂主演TBS系金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』の主題歌に起用される。なお、ドラマ主題歌の書き下ろしは約19年ぶりとなる。

 また、9月10日朝5時からは、Yahoo!検索にて『砂の塔』関連ワードを検索すると、そのトップのみに掲載される特別限定映像に主題歌が使用されており、いち早く試聴することができる。

 カップリングには、2月に発表された再集結後初の新曲「ALRIGHT」が収録。この曲は、自身のバンド集結のことを歌ったものであり、同時に今の日本を元気づけたいという思いが込められた楽曲で、現ツアーではアリーナ会場が一体化しての盛り上がりを見せている。

 初回限定盤には、アリーナツアー各会場から1曲ずつ、全12曲のライヴ音源がボーナストラックとして収録される。


◎吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)- コメント
この「砂の塔」と名付けられた曲は、イエローモンキーの再集結後、初のシングル曲になります。
番組サイドのスタッフの方々の熱意に押され、新生イエローモンキーとしてドラマの中でどのような花を添えられるか、試行錯誤しながらも楽しんで挑むことができました。
タワーマンションを舞台に繰り広げられる、現代社会の裏側とミステリーを掛け合わせたドラマですが、これはそのまま人間の人生や、バンドの人生に当てはまると思い、その側面も添えながら歌詞を書かせていただきました。
タイトルも「砂の塔」以外に考えられませんでした。
この曲のストリングスアレンジに僕らが尊敬し、ずっと憧れていた船山基紀さんをお迎えし、そのケミストリーはバンドの歴史的にも素晴らしい結果を招きました。
このドラマには親と子の愛の重要さが本質に隠れていますが、イエローモンキーも昔から家族の誰かしらとの繋がりを歌にしてきました。この曲は現時点での集大成だと感じています。
THE YELLOW MONKEYが贈る黄色い花も是非お楽しみください。

◎菅野美穂-コメント
今回、THE YELLOW MONKEYさんに主題歌を担当して頂いたのですが、ここまでドラマの世界観に寄り添った作品を作って頂けて、心よりの感謝を申し上げるとともに、映像と重なった時に、どのように仕上がるのか、とても楽しみです。撮影は始まったばかりですが、作ってくださったこの曲に負けないように、みんなで頑張ります。

◎25thシングル『砂の塔』
2016/10/19 RELEASE
[初回盤(CD)]COCA-17240 / 1,296円(税込)
[通常盤(CD)]COCA-17241 / 1,080円(税込)
<初回盤CD>
1. 砂の塔
作詞・作曲:吉井和哉/編曲:THE YELLOW MONKEY
2. ALRIGHT
作詞・作曲:吉井和哉/編曲:THE YELLOW MONKEY
Bonus Track
3~14.【THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016】12会場LIVE音源
<通常盤CD>
1. 砂の塔
2. ALRIGHT
3. 砂の塔 -Instrumental-
4. ALRIGHT -Instrumental-

◎TBS系 金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』
2016年10月14日(金)毎週金曜 22:00~
出演:菅野美穂、岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)、松嶋菜々子、他

最終更新:9月10日(土)6時55分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。