ここから本文です

「最強ドライバーに勝った」バトンに最高点:英誌全ドライバー評イタリアGP編

オートスポーツweb 9月10日(土)8時22分配信

 英AUTOSPORTが2016年第14戦イタリアGPを戦った全ドライバーを10点満点で評価した。今回は最高点9点が、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンを含む4人に与えられた。

2016年第14戦イタリアGP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)

 この企画は英AUTOSPORTが数年前から行っているもので、各グランプリにおいてすべてのドライバーに関して主に予選と決勝のパフォーマンスを評価し、さまざまなソースから得た情報を加味して採点する。

■3位ベッテルと5位を争ったふたりに高評価

 今回9点の評価がなされたのはセバスチャン・ベッテル、バルテリ・ボッタス、ダニエル・リカルド、ジェンソン・バトンの4人だった。


 フェラーリのベッテルは、3番グリッドからスタートし、3位表彰台を獲得した。
「ベッテルは完成されたパフォーマンスを発揮した。忠実なティフォシの前で走ることでモチベーションがより一層高まったようだ。ただしマシンには彼らが期待する結果を出せる力はなかった」と寸評には記されている。

「スタート時にニコ・ロズベルグにチャレンジするのは難しかったが、ベッテルはマシンから最大限の力を引き出し、速く、クリーンなパフォーマンスを発揮した」

 ウイリアムズのボッタスは5番グリッドからスタートし6位を獲得した。
「予選で2台のレッドブルを破った後、決勝では表彰台を狙っていたボッタスだが、タイヤが持たず、チャンスをつかめなかった」

「堅実で一貫したレースを走ったが、終盤リカルドを抑えきるだけの力はなかった。それでもボッタスは週末を通して良いパフォーマンスを発揮したと言える」


 レッドブルのリカルドは、6番グリッドからスタートし5位をつかんだ。
「レッドブルにとって厳しい週末だったが、今回もリカルドは強力な走りをした。予選であと1000分の2秒速く走れれば、もう少し楽な展開になっただろうが、粘り強い走りによってボッタスをタイヤが苦しい状態に追い込み、レティフィーロ・シケインでチャンスを逃さず、ずばっとオーバーテイク、5位をつかみとった。状況を考えれば、最大限の結果だった」


■1周目を除いて上出来のバトン、冷静さを失ったアロンソ

 マクラーレンのバトンは、14番グリッドからスタートし、12位でフィニッシュした。チームメイトのフェルナンド・アロンソにコース上で勝ったことが高く評価され、9点が与えられた。

「スタートを失敗し、ザウバーのマーカス・エリクソンとバトルをしている間にレズモでコースオフしたため、オープニングラップを終えた時点では最後尾に落ちてしまっていた。しかしその部分を除くと、彼の走りは見事だった」

「序盤にパラボリカのアウト側からエステバン・グティエレスをオーバーテイク。しかし何より印象的だったのは、ミドルスティントでタイヤをうまく管理しつつ、非常に速く走ったことで、アロンソの前に出たことだ。最も優秀なドライバーのひとりに勝つことは容易ではない」

 そのアロンソは、12番グリッドからスタートし、14位フィニッシュという結果で、6点の評価にとどまった。

「予選で優れた走りをし、決勝序盤は、困難なマシンでトップ10圏内をしっかり走ってみせた。しかし最初のピットストップで(シグナルのトラブルによって)時間を失った後、冷静さを失ったようだ」

「ミドルスティントの走りはひどく、徐々に後退してバトンに抜かれた。無意味な3回目のピットストップで、スーパーソフトを履いてファステストラップを記録し、そのせいでグティエレスの下まで順位を下げた」


■イタリアGP 全ドライバーへの評価点

 英AUTOSPORTによる2016年第14戦イタリアGPでの各ドライバーの点数は以下のとおり(10点満点)。

■メルセデス
ルイス・ハミルトン:8点
ニコ・ロズベルグ:8点
■フェラーリ
セバスチャン・ベッテル:9点
キミ・ライコネン:8点
■ウイリアムズ
フェリペ・マッサ:7点
バルテリ・ボッタス:9点
■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド:9点
マックス・フェルスタッペン:8点
■フォース・インディア
ニコ・ヒュルケンベルグ:7点
セルジオ・ペレス:8点
■ルノー
ケビン・マグヌッセン:6点
ジョリオン・パーマー:7点
■トロロッソ
ダニール・クビアト:7点
カルロス・サインツJr.:8点
■ザウバー
マーカス・エリクソン:7点
フェリペ・ナッセ:6点
■マクラーレン
フェルナンド・アロンソ:6点
ジェンソン・バトン:9点
■マノー
パスカル・ウェーレイン:8点
エステバン・オコン:6点
■ハース
ロマン・グロージャン:8点
エステバン・グティエレス:7点

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月10日(土)8時33分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]