ここから本文です

【タイム結果】スーパーフォーミュラ第5戦岡山 フリー走行

オートスポーツweb 9月10日(土)10時13分配信

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦は10日、岡山国際サーキットでフリー走行が行われ、国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)がトップタイムをマークした。

 前戦のもてぎラウンドから3週間、開催が中止されたオートポリス戦の代替となる岡山ラウンドが開幕した。今週末は週末2レース制が採用されており、土曜日はフリー走行と20分間の時間予選、30周の決勝レース1が行われる。

 この週末、唯一のフリー走行は定刻の9時にスタート。セッション中は一度もコースオフするマシンや赤旗の掲示はなく、順調に推移した。

 トップタイムは最後のアタックで1分14秒420を記録した国本。0.034秒差の2番手に小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)、3番手にジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)と続いている。

 このあと、11時からは20分間の公式予選が行われる。

■スーパーフォーミュラ第5戦岡山 フリー走行(編集部計)

Pos./No./Driver/Team/Engine/Time/Gap
1/2/国本雄資/P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA/1'14''420/
2/8/小林可夢偉/SUNOCO Team LeMans/TOYOTA/1'14''454/+0'00.034
3/19/J-P・デ・オリベイラ/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA/1'14''463/+0'00.043
4/20/関口雄飛/ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA/1'14''508/+0'00.088
5/10/塚越広大/REAL RACING/HONDA/1'14''545/+0'00.125
6/37/中嶋一貴/VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA/1'14''592/+0'00.172
7/36/A.ロッテラー/VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA/1'14''634/+0'00.214
8/41/S.バンドーン/DOCOMO TEAM DANDELION RACING/HONDA/1'14''713/+0'00.293
9/65/B.バゲット/NAKAJIMA RACING/HONDA/1'14''727/+0'00.307
10/16/山本尚貴/TEAM 無限/HONDA/1'14''828/+0'00.408
11/7/N.カーティケヤン/SUNOCO Team LeMans/TOYOTA/1'14''887/+0'00.467
12/3/J.ロシター/KONDO RACING/TOYOTA/1'14''908/+0'00.488
13/34/小暮卓史/DRAGO CORSE/HONDA/1'14''942/+0'00.522
14/40/野尻智紀/DOCOMO TEAM DANDELION RACING/HONDA/1'14''985/+0'00.565
15/1/石浦宏明/P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA/1'15''139/+0'00.719
16/4/W.ブラー/KONDO RACING/TOYOTA/1'15''227/+0'00.807
17/64/中嶋大祐/NAKAJIMA RACING/HONDA/1'15''314/+0'00.894
18/18/中山雄一/KCMG/TOYOTA/1'15''456/+0'01.036
19/11/伊沢拓也/REAL RACING/HONDA/1'15''642/+0'01.222


[オートスポーツweb ]

最終更新:9月10日(土)10時32分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]