ここから本文です

アロンソ「マクラーレンの未来を担う」バンドーンを、ふたりで助けると宣言

オートスポーツweb 9月10日(土)14時44分配信

 フェルナンド・アロンソは、ストフェル・バンドーンはマクラーレンの将来を担うF1ドライバーになるだろうと考えており、自身とジェンソン・バトンのふたりが全力で手助けをすると語っている。

マクラーレン「“3人体制”はアロンソ離脱の保険ではない」

 2015年のGP2チャンピオンで現在はリザーブドライバーのバンドーンは、来シーズンからバトンと交代して、アロンソのチームメイトに昇格する。バトンは新たにチームと2年後までの契約を結んでおり、アロンソがチームを離脱する場合は、そのシートに納まることができるというユニークなオプションがついている。

 バンドーンは自身の役割が「責任重大」であると認めている。来季末で現在の契約期限を迎えるアロンソは、3人は協力して仕事にあたり、引き継ぎをスムーズに行うために、できるかぎりのことをすると話す。 

「ストフェルは、きっと将来のマクラーレンを率いるドライバーになる。ジェンソンと僕は彼を助けなければならないと思っている。今シーズン、僕らはお互い相手に勝とうとしているのと同時に、チームを助けようとしている。ストフェルはテストドライバーとしてシミュレーターでの仕事をして、現地でエンジニアたちと一緒になって大いに力を貸してくれた」

「来季も、それが変わることはない。僕は自分の仕事もするけれど、ジェンソンと僕は精一杯ストフェルの助けをしていくことになる。彼は未来を担うドライバーだから」

 今シーズン、バーレーンGPでアロンソの代役としてF1デビューを果たしたバンドーンは、マクラーレンの選択した3人体勢を「グリッド上で最高」と評しており、自身に発揮できる能力があると確信している。

「2度のチャンピオン経験者であるアロンソに対抗してレースをすることになる。チームに残ったジェンソンは、豊富な経験でチームを後押ししてくれる。ワクワクしているし、自分の仕事ができるという自信もある。(2017年開幕戦の)メルボルンまでの数カ月間は、そのことに集中していくよ」

「ユニークな構成だけど、グリッド上で最高の体勢だと思う。ジェンソンとフェルナンドという、ふたりのチャンピオン経験者がいて、僕という若くて意欲あふれるドライバーもいる。できるかぎり、チームを前進させる努力をする」

[オートスポーツweb ]

最終更新:9月10日(土)14時47分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。