ここから本文です

SF岡山:レース1予選トップ3 ドライバーコメント

オートスポーツweb 9月10日(土)12時37分配信

 10日、岡山国際サーキットで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦、レース1の公式予選。セッションを終えて、ポールポジションを獲得した中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)、2番手の国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、3番手のストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が予選セッションを振り返り、決勝への展望を語った。

●中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S):レース1公式予選ポールポジション

 途中、赤旗が出るなど難しい予選でした。クルマは持ち込みの段階から(感触は)悪くなく、朝のフリー走行で試して良かった点、悪かった点を精査して臨みました。

 最初のアタックは赤旗の影響もありつつも手応えは良かったですし、流れもあったようです。

 今年は予選で前に進めず、Q2で脱落することが多かったので、それに比べれば嬉しい結果。今日のレースは予選ポジションとスタートが大事なのは明らかですから、レースに向けていいポジションを確保できました。

●国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING):レース1公式予選2番手

 非常に残念です。朝の走行では最後にニュータイヤを投入してバランスも良かったので、今日の予選は今年1番のチャンスだと思っていました。

 ただ予選では赤旗の影響でスケジュールが狂う場面もありました。再開後はニュータイヤを投入して4周目にアタックしようと考えていました。

 しかし、そのアタックラップ前にグリップが落ちてしまい、アタック時にはグレイニングが起きたり、ミスもしてしまいました。2番手はその結果ですね。朝の走行では中古タイヤのフィーリングに満足いかなかったので、決勝に向けて修正して臨みたいと思います。

●ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING):レース1公式予選3番手

 赤旗も出て、全員にとって難しい予選だったと思う。

 20台もマシンがいるなかで、クリアラップを取るのは難しいので、ワンアタックを逃さないことが重要だった。

 自身のアタックには満足しているし、3番手グリッドを獲得できて本当に嬉しいよ。

 5月にここ(岡山)に来た時は、(マシンバランスなどに)苦しめられた。それと比べれば、今回は調子も良いんだ。チームとしても決勝で優位な3番手、4番手グリッドを確保できたからね。



[オートスポーツweb ]

最終更新:9月10日(土)13時32分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。