ここから本文です

スーパーフォーミュラ岡山:スタートが一時カオス状態に。ポールの一貴がグリッドを通り過ぎ最後尾に降格

オートスポーツweb 9月10日(土)16時18分配信

 10日、岡山国際サーキットで行われた全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦岡山の決勝レース1で、ポールシッターの中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)がフォーメーションラップ終了後、自身のグリッド、スタートラインを通りすぎてストップしてしまうアクシデントが発生した。

【写真】スタート前にテレビのインタビューに答える中嶋一貴



 ポールシッターの一貴はフォーメーションラップを終えてグリッドに着く際、自身のグリッドを通り過ぎたところで停車。これにアウト側の奇数列グリッドにつくドライバー数名もつられてしまい、グリッドポジションを間違えて混乱状態になってしまった。

 その後、一貴はふたたび走り出したもののレースコントロールはスタートディレイを宣言。各車にはグリッドに戻った後、エンジンを停止するよう指示がされた。また、一貴にはスタートディレイの原因を作ったとして最後尾グリッドへの降格が言い渡されている。





 この結果、第5戦決勝レース1はポールポジショングリッドが空いたまま、2番手に国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、3番手にストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)という並びでスタートが切られたほか、レース周回数も当初の30周が2周減算されて、28周で争われる。


[オートスポーツweb ]

最終更新:9月11日(日)9時26分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]