ここから本文です

ウイリアムズ、フェラーリからライコネン&アロンソの元担当エンジニアを獲得

オートスポーツweb 9/10(土) 17:01配信

 ウイリアムズF1チームが、テクニカルチーム強化の一環として、フェラーリから著名なエンジニアを引き抜くことに成功した。

マッサは今季限りでF1引退を発表

 フェラーリでタイヤ・パフォーマンス・グループを率いていたアントニオ・スパニョーロが、ライバルの分析とパフォーマンス・コンセプトを担当するチームのリーダーとして、ウイリアムズのオペレーションズグループに加わったのだ。スパニョーロは11年間にわたりフェラーリに在籍、その間に多くの役職を務めてきたが、よく知られているのは、かつてキミ・ライコネンとフェルナンド・アロンソのレースエンジニアだったことだ。

 ウイリアムズによると、スパニョーロは「ライバルチームの長所の理解と、リソースを優先的に振り向ける必要があるパフォーマンス領域の決定」に専念するという。また、チームは彼がフェラーリで蓄積してきたピレリ・タイヤに関する経験も活用したいと考えているようだ。

 チーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズは、次のように述べた。

「ウイリアムズは、2014年以来の好調さを引き続き維持したいと考えており、新たなメンバーを迎えることにより、さらに強いチームになりたいと望んでいる」

「私たちは絶えずパフォーマンスとトラックサイド・オペレーションの改善を目指している。アントニオは、このプロセスに貴重な貢献をしてくれるだろう。チームとして、私たちはコース上での野心的な目標を達成し、今季だけではなく来年以降もコンストラクターズ選手権で上位を確保するために全力を尽くすつもりだ」 

[オートスポーツweb ]

最終更新:9/10(土) 17:09

オートスポーツweb