ここから本文です

大型クルーズ船が金沢寄港

北國新聞社 9/10(土) 15:41配信

 イタリアの「コスタクルーズ社」が運航する大型クルーズ船「コスタビクトリア」(7万5200トン、定員1928人)が10日、金沢港に寄港した。金沢を発着地に含む日本海定期周遊クルーズの今季最終便となり、石川県内外の約1千人が金沢観光へ繰り出した。

 クルーズ船は8日に博多を出発し、舞鶴を経由して10日午前9時ごろ、戸水埠(ふ)頭(とう)に入港した。日本人のほか、韓国、台湾などの観光客が続々と降り立ち、ミス加賀友禅や県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」の出迎えを受けた。

 同日午後7時に出港し、鳥取の境港、韓国の釜山を経由して13日に博多に到着する。同社のクルーズ船は7月27日から計10回、金沢に寄港した。来年度は32回運航する。

北國新聞社

最終更新:9/10(土) 15:41

北國新聞社