ここから本文です

浅野がドイツデビュー! トップ下で途中出場も見せ場なし

ゲキサカ 9/10(土) 5:53配信

[9.9 ブンデスリーガ2部第4節 シュツットガルト1-2ハイデンハイム]

 ブンデスリーガ2部は9日、第4節を行い、FW浅野拓磨とMF細貝萌の所属するシュツットガルトはホームでハイデンハイムと対戦し、1-2で敗れた。1年間の期限付き移籍で加入した浅野は初めてベンチ入りし、1-2の後半36分から途中出場。ドイツデビューを果たすも、得点に絡むことはできなかった。細貝は負傷のため2試合連続でベンチから外れている。

 今夏、サンフレッチェ広島からアーセナルに完全移籍したものの、英国での労働許可証を取得できず、8月26日にドイツ2部シュツットガルトへのレンタル移籍が決まった浅野。そのまま海外組として日本代表に合流すると、今月6日のW杯アジア最終予選・タイ戦では先発出場を果たし、1得点を挙げる活躍を見せた。そしてチームに戻った最初の試合でベンチ入り。海外デビューの瞬間を待った。

 試合は0-0で迎えた後半24分にハイデンハイムが先制。素早いリスタートから右サイドに開いたMFシュナツテラーがクロスを供給し、ファーのMFフェルフークが高い打点のヘディングシュートを決めた。それでもその3分後となる後半27分、今度はシュツットガルトがCKからMFマキシムのキックにファーサイドのDFシュニッチが頭で合わせ、すぐさま同点に追いついた。

 しかし、1-1の後半31分にハイデンハイムが勝ち越し弾を決める。カウンターから裏への縦パスに途中出場のMFスカルクが抜け出すと、左サイドをドリブルで駆け上がり、中央に切り込んでゴールネットを揺らした。

 浅野がピッチに立ったのは1点ビハインドの後半36分。MFエーズガンに代わってトップ下の位置に入った。背番号11の真新しいユニフォームを着た21歳がドイツデビューを飾ったが、終盤に勝ち越しゴールを決めた相手に守りを固められ、最後まで見せ場は訪れず。1部昇格を狙うチームはそのまま1-2で敗れ、ホーム初黒星となる2試合ぶり今季2敗目を喫した。

最終更新:9/11(日) 1:22

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。