ここから本文です

ペップ・シティが白熱のマンチェスター・ダービー制し、開幕4連勝! モウ・ユナイテッドは連勝ストップ

ゲキサカ 9/10(土) 22:24配信

[9.10 プレミアリーグ第4節 マンチェスター・U 1-2 マンチェスター・C]

 プレミアリーグは10日、第4節を行った。オールド・トラッフォードでは、マンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティによる“マンチェスター・ダービー”を開催。世界中が注目した一戦は2-1でシティが勝利した。これでシティは開幕4連勝とし、マンチェスター・ダービー50勝目とした。

 ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるユナイテッドは前節ハル・シティ戦(0-1)から2人を入れ替え、MFヘンリク・ムヒタリアンとMFジェシー・リンガードを今季初先発させた。一方のジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるシティは、前節ウエスト・ハム戦(3-1)から4選手を変更。3試合出場停止のFWセルヒオ・アグエロに代わって19歳FWケレチ・イヘアナチョが前線に入り、バルセロナから加入したGKクラウディオ・ブラーボが先発でデビューを飾った。

 172回目のマンチェスター・ダービーは互いに名将を招聘し、開幕3連勝で激突することとなった。序盤はMFポール・ポグバがミドルを放つなどユナイテッドの流れだったが、前半15分にシティが先制した。自陣からDFアレクサンダー・コラロフがロングフィード。イヘアナチョがバックヘッドでそらしたボールをMFケビン・デ・ブルイネが受け、GKとの1対1を冷静に制し、スコアを動かした。

 この勢いでシティがボール支配率を高めていくと、前半36分に追加点を挙げる。クリアボールをPA右で受けたデ・ブルイネが相手をかわして左足シュート。これは左ポストを叩いたが、跳ね返りをイヘアナチョが左足で押し込み、2-0とリードを広げた。

 まさかの2失点を喫したホームのユナイテッドは、前半42分に右サイドの浅い位置でFKを獲得すると、FWウェイン・ルーニーがゴール前に放り込む。飛び出したGKブラーボがこぼしたボールを、詰めていたFWズラタン・イブラヒモビッチが右足で押し込み、前半のうちに点差を縮める。前半アディショナルタイムにもイブラヒモビッチがシュートを放つ場面を作ったが、決めきれず、前半は1-2で折り返した。

 1点ビハインドのユナイテッドは後半開始から2枚替え。ムヒタリアンとリンガードを下げて、MFアンデル・エレーラとFWマーカス・ラッシュフォードを入れる。後半25分、DFダレイ・ブリントのフィードから左サイドを抜け出したラッシュフォードがPA左に侵入し、右足でゴールネットを揺らすも、ゴール前にいたイブラヒモビッチが関与したとしてオフサイド。得点は認められなかった。

 その後はオープンな展開となった。シティは後半30分、途中出場で移籍後初出場となったMFリロイ・サネのスルーパスからデ・ブルイネが右足を振り抜くも枠をわずかに外れる。直後の同31分には、デ・ブルイネとのパス交換を経て、MFダビド・シルバがPA手前から左足ダイレクトシュートを放つも惜しくもゴール上に外れていった。

 追いつきたいユナイテッドは後半36分にショーを下げて、FWアントニー・マルシャルを入れ、勝負に出る。だが、終盤の猛攻もシティの守備を崩しきるには至らず、試合はそのまま1-2で終了。ユナイテッドの開幕からの連勝は3でストップした。

最終更新:9/10(土) 22:28

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]