ここから本文です

浦和MF関根が「陽介くんチック」のお見事アシスト

ゲキサカ 9月10日(土)23時17分配信

[9.10 J1第2ステージ第11節 浦和 2-0 鳥栖 埼スタ]

 スコアレスで迎えた前半終盤に、浦和レッズが立て続けにゴールを陥れる。それは、ともに右アウトサイドに構えるMF関根貴大が絡んで生まれた得点だった。

 まずは前半41分、右サイドに開いた関根がMF柏木陽介からパスを受けると、一度はDF吉田豊に体を入れられながらも「うまく体を入れ替えられた」とボールを奪い取る。そして関根からバックパスを受けたDF森脇良太、MF武藤雄樹、FWズラタンとつながれたボールを、最後はMF宇賀神友弥がミドルシュートで突き刺した。「うまくつないで、シュートが見事でしたね」と話した関根だったが、「その得点には関われた感じはしなかった」。

 しかし、前半44分には見事なアシストを記録する。自陣から持ち運んだMF阿部勇樹の鋭い縦パスを受けると、相手DF2人に囲まれながらも左足の正確なスルーパスを通して武藤の得点をお膳立て。「左足で陽介くんチックに、自分っぽくないアシストでした」とおどけながらも、「うまくいったと思う」と鮮やかなアシストを振り返った。

最終更新:9月11日(日)1時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。