ここから本文です

ジブリ鈴木敏夫プロデューサー、『魔女宅』『トトロ』などでの数々の宮崎駿伝説を暴露!

cinemacafe.net 9/11(日) 9:00配信

スタジオジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』の試写会が9月10日(土)に開催され、ジブリの鈴木敏夫プロデューサーが上映前に講演を行い、本作の製作過程に加え、過去のジブリ作品における宮崎駿監督とのエピソードを次々と暴露し会場を沸かせた。

【写真】鈴木敏夫『レッドタートル ある島の物語』試写会

本作はジブリにとって初めての海外のスタジオとの共同作品で、オランダ在住で、『岸辺のふたり』でアカデミー賞最優秀短編映画賞を受賞した経験を持つマイケル・デュドゥク・ドゥ・ヴィット監督を迎えて製作。ある無人島に流れ着いた男性とそこに現れた女性の物語をセリフなしで紡ぎ出していく。

鈴木さんは、本作について講演の序盤からネタバレを恐れぬトークを展開。男性、女性、そして亀が何を表しているのかなどについて、映画を見る前の観客に説明しようし、司会者から慌てて制止される。それでも、「みなさん、薄々わかってますよね? なんとなくわかりますよね?」とどこ吹く風で奔放なトークを展開し、会場は笑いに包まれる。

話は本作だけでなく、スタジオジブリの設立の秘密、数々の過去の名作の製作の秘話にも及ぶ。現在、小金井市にある同スタジオだが、なぜ小金井に設立されることになったのか? 鈴木さんは宮崎監督との物件探しの思い出を述懐。「宮さんが、そこ(※小金井の現在のジブリのある場所の近く)に僕を連れてきて、ある家を指して『ここ、初恋の人の家』って言うんですよ。しかもその人にはフラれたそうで、武蔵境の駅までトボトボ歩いて帰ったんだって(笑)。宮さんは『鈴木さん、その道を2人で歩こうよ』って言うんです。バカじゃないかと思ったけど、本人はあの日に帰って思い出に浸ってるの(笑)。その近くに空き地があり、そこをジブリにしようかってなった」と宮崎監督の初恋がジブリの移転先に大きく影響を及ぼしたことが明かされた。

このほか、『魔女の宅急便』は当初の脚本では、クライマックスの飛行船が墜落しかけ、トンボをキキが救うというシーンはなかったそうで、鈴木さんが、経営者の視点から観客をより多く動員すべく入れさせたのだと告白。「最初は全スタッフから『なんでそんなシーンを宮さんに描かせるのか?』と総スカンでしたよ」とふり返る。

また『となりのトトロ』でも、宮崎監督の最初の構想では「冒頭からいきなりトトロが登場して大活躍するってことになってた(笑)」とのこと。「宮さんが『どうかな?』と言うから『ダメです』と言いました(苦笑)。サービス精神が過剰なんですよ。そこで『E.T.』だと真ん中くらいから(E.T.が)出てくるし、それまではチラ見せだって言いました。そうしたら、『じゃあ真ん中からだ』って(笑)」と豪快すぎる(?)作品作りの過程を明かす。

また鈴木さんは、そうした2人のやり取りに関して「スタッフ全員が聞いてるんですよ。それを全く意に介さないところがすごい! 創作に関してはすべてオープンなんです」と宮崎監督の製作のスタンスについて明かし「誇張して面白く言ってるように思われそうですが本当なんです!」と強調。「ホントの天才ですよ。長い付き合いだけど、いまだに飽きない」と改めて、その人間性も含めた宮崎監督の凄まじさについて改めて語っていた。。

『レッドタートル ある島の物語』は9月17日(土)より公開。

最終更新:9/11(日) 9:00

cinemacafe.net