ここから本文です

ジダン・レアル、クラブ記録タイとなるリーガ15連勝を達成 2014-15シーズン以来となる単独首位に

GOAL 9月11日(日)8時23分配信

ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリーが、クラブ記録となるリーガエスパニョーラ15連勝を達成している。

10日のリーガ第3節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのオサスナ戦をFWクリスティアーノ・ロナウド、DFダニーロ、DFセルヒオ・ラモス、DFぺぺ、MFルカ・モドリッチの得点によって5−2で制したレアル。昨季から継続している連勝記録を15に伸ばし、1960−61シーズンにミゲル・ムニョス監督率いるチームが樹立したクラブ記録に並んだ。

レアルは18日のリーガ第4節エスパニョール戦勝利で、2010−11シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバルサが樹立したリーガの連勝記録に並ぶことになる。

また今季のリーガ開幕から3連勝を果たしているレアルは、同節にラス・パルマス、バルセロナが敗れたために単独首位に浮上。レアルがリーガの単独首位に立つのは、2014−15シーズンの第25節以来となる。

GOAL

最終更新:9月11日(日)8時23分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。