ここから本文です

外国産馬メリオラが大接戦を制す/阪神新馬

netkeiba.com 9月11日(日)12時33分配信

 11日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・9頭)は、前から離れた3番手でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の5番人気メリオラ(牡2、栗東・中竹和也厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦先頭に立った3番人気ゴットルンタ(牡2、栗東・木原一良厩舎)を捕らえ、さらにゴール前で猛追してきた1番人気スワーヴリチャード(牡2、栗東・庄野靖志厩舎)も凌いで優勝した。勝ちタイムは2分3秒2(良)。

 2着はハナ差でスワーヴリチャード、3着はさらにクビでゴットルンタとなった。なお、2番人気アウステルリッツ(牡2、栗東・高野友和厩舎)はゴットルンタから1.3/4馬身差の4着に終わった。

 勝ったメリオラは、父Giant's Causeway、母Stop Traffic、その父Cure the Bluesという血統の米国産馬。

【勝ち馬プロフィール】
◆メリオラ(牡2)
騎手:M.デムーロ
厩舎:栗東・中竹和也
父:Giant's Causeway
母:Stop Traffic
母父:Cure the Blues
馬主:ノースヒルズ
生産者:DiamondARacingCorp.

最終更新:9月11日(日)13時39分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ