ここから本文です

韓中6カ国協議代表が電話会談 北朝鮮核実験への対応協議

聯合ニュース 9月11日(日)9時51分配信

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の韓国首席代表を務める金ホン均(キム・ホンギュン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長と中国首席代表の武大偉朝鮮半島問題特別代表が10日、電話で会談し、北朝鮮による5回目の核実験への対応策を協議した。外交部が明らかにした。

 金氏は、北朝鮮が無謀な挑発行為を続ける中、「新たな国連安全保障理事会決議など、迅速で強力な対応が必要だ」との考えを示した。

 武氏は中国外務省が声明を発表し、北朝鮮の核実験に断固として反対する立場を表明したと説明した上で、「中国は北朝鮮の核保有国の地位を認めず、核保有も黙認しない」と強調した。

 また、「朝鮮半島の非核化、平和の安定と守護に対する中国の立場は堅固だ」と述べた。

 双方は、今後の対応策を含め北朝鮮核問題に関する戦略的疎通と協力を続けることで合意した。韓中首席代表間の協議を強化することでも一致した。

最終更新:9月11日(日)10時10分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。