ここから本文です

ふんどし、腰みの男衆乱舞 「天下の奇祭」磐田・見付天神裸祭

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月11日(日)7時55分配信

 国指定重要無形民俗文化財で「天下の奇祭」と呼ばれる見付天神裸祭の御大祭が10日夜、磐田市見付の矢奈比売神社(見付天神)一帯で行われた。ふんどしと腰みのを身に着けた上半身裸の男衆が勇壮な練りを繰り広げた。

 午後9時ごろから、28町の男衆が見付本通りに続々と集結し、梯団(ていだん)と呼ばれる四つの集団を形成した。ちょうちんや鈴を手に「オイショ、オイショ」と威勢の良い掛け声を上げ、激しくもみ合いながら練り歩いた。

 見付天神に到着し梯団ごとに拝殿になだれ込むと、男衆が踊り狂う「鬼踊り」が始まり、祭りの熱気は最高潮に達した。

静岡新聞社

最終更新:9月11日(日)7時55分

@S[アットエス] by 静岡新聞