ここから本文です

カープ優勝で都内のファンも大興奮 広島アンテナショップ入店1時間待ち

J-CASTニュース 9月11日(日)17時10分配信

 プロ野球・広島東洋カープが2016年9月10日、セ・リーグ優勝を決めた。1991年以来、25年ぶり7度目の栄冠に、広島県内にとどまらず、日本全国が「カープフィーバー」に包まれている。

【画像】「最後尾」と「グッズ売り切れ」を掲げる店員

 東京・銀座にある広島県のアンテナショップ「広島ブランドショップTAU(タウ)」では、長蛇の列ができており、優勝記念グッズが飛ぶように売れていると聞き、記者は9月11日昼過ぎに現地を訪れた。

■行列100人超、銀座をさまようカープ女子

 「TAU」では優勝翌日の9月11日から3日間のセールを始めた。「V7」にあやかってポイント付与が7倍になるほか、5000円相当の福袋を2500円で販売。初日は100セットを用意していたが、すぐさま完売した。また、優勝記念グッズの「ビールかけTシャツ」も、11日夕方までに売り切れた。

 店の周りは、行列とそれを写真におさめる通行人、テレビの撮影クルーらでごった返していた。パッと見ただけでも、行列は100人を超えている。客層は子どもからお年寄りまで幅広い。天気が不安定だったため、傘を持っている人もチラホラ見えた。

 カープカラーの「赤」に身を包んだ人は、店員ふくめて2割程度。思ったより少ない印象を受けた。「最後尾」のプラカードを掲げるスタッフに話を聞いてみると、「(入店までに)1時間はかかると思います」。彼の左手には「本日分の優勝記念グッズは売り切れました」のカードも握られていた。

 店に入るのをあきらめ、銀座の目抜き通りを歩く。店からちょっと離れた所で、若い「カープ女子」を見かけた。赤のユニフォームを着て、スマホを見つめる2人組。おそらく地図でTAUを探していたのだろう。

有吉弘行「ああ優勝だ。。 ありがとう」

 四半世紀ぶりの悲願に地元・広島県の出身者も、祝わずにはいられない。有吉弘行さんは、優勝が決まった直後に「ああ優勝だ。。 ありがとう」とツイート。前回の優勝は高校時代で、バイト代をつぎ込んで応援に励んでいたと振り返り、「それだけに強い強い思いがあったが今日でスッキリ!ありがとう広島市民球場!!! 」と書いている。

 お笑いコンビ「アンガールズ」のふたりも、広島優勝に歓喜した。母親と観戦していた田中卓志さんはブログで、新井貴浩選手と黒田博樹選手の抱擁に「さすがに泣いてしまった」とコメント。山根良顕さんはインスタグラムで、「最高です!覇気です!神ってます!」と興奮を語った。

 「大あっぱれでしょ」とほめたのは、広島出身の野球評論家、張本勲さん。9月11日の「サンデーモーニング」(TBS系)では健闘をたたえる一方で、浮かれている場合ではないとクギを刺している。

  「プロ野球選手の宿命として、もうきょうから戦いは始まってるんだから。クライマックス(シリーズ)、日本シリーズがあるから。ファンは2~3日ね、ワイワイ言ってもいいけども」

 クライマックスシリーズ(CS)の最終ステージは10月18日から。日本シリーズ進出に向けて、広島カープの戦いはまだまだ続く。

最終更新:9月12日(月)11時41分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。