ここから本文です

王者ビッグアーサーが貫禄の逃げ切りV!/セントウルS

netkeiba.com 9月11日(日)15時39分配信

 11日、阪神競馬場で行われたセントウルS(3歳上・GII・芝1200m)は、先手を取りきった福永祐一騎手騎乗の1番人気ビッグアーサー(牡5、栗東・藤岡健一厩舎)が、そのまま直線に入っても後続を寄せつけず、最終的に2着の2番人気ネロ(牡5、栗東・森秀行厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分7秒6(良)。

 さらにクビ差の3着に9番人気ラヴァーズポイント(牝6、栗東・高橋康之厩舎)が入った。なお、3番人気ダンスディレクター(牡6、栗東・笹田和秀厩舎)は7着に終わった。

 勝ったビッグアーサーは、父サクラバクシンオー、母シヤボナ、その父Kingmamboという血統。休み明け・斤量58キロも難なくはね除ける完勝で、春秋スプリントGI制覇に向けて弾みをつけた。

 なお、本レースが最終戦だったサマースプリントシリーズは、本レースの結果を待たずしてベルカントの優勝が決定していた。

【勝ち馬プロフィール】
◆ビッグアーサー(牡5)
騎手:福永祐一
厩舎:栗東・藤岡健一
父:サクラバクシンオー
母:シヤボナ
母父:Kingmambo
馬主:中辻明
生産者:バンブー牧場
通算成績:12戦8勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2016年高松宮記念(GI)

最終更新:9月11日(日)16時48分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。