ここから本文です

3歳馬ロードクエストが差し切り重賞2勝目!/京成杯オータムH

netkeiba.com 9月11日(日)15時51分配信

 11日、中山競馬場で行われた京成杯オータムH(3歳上・GIII・芝1600m)は、スタート今一つも中団までポジションを上げていった池添謙一騎手騎乗の1番人気ロードクエスト(牡3、美浦・小島茂之厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、内の馬群を割ってきた6番人気カフェブリリアント(牝6、美浦・堀宣行厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒0(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に2番人気ダノンプラチナ(牡4、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、3番人気ダノンリバティ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は10着に終わった。

 勝ったロードクエストは、父マツリダゴッホ、母マツリダワルツ、その父チーフベアハートという血統。これまで未勝利の右回りコース・古馬との初対戦を見事克服し、昨年の新潟2歳S以来となる勝利を手にした。

 なお、本レースが最終戦だったサマーマイルシリーズは「12ポイント以上かつシリーズ対象競走を1勝以上」という条件を満たす馬がいなかったため、優勝馬なしという結果となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ロードクエスト(牡3)
騎手:池添謙一
厩舎:美浦・小島茂之
父:マツリダゴッホ
母:マツリダワルツ
母父:チーフベアハート
馬主:ロードホースクラブ
生産者:様似堀牧場
通算成績:8戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:15年新潟2歳S(GIII)

最終更新:9月11日(日)18時42分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ