ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「伊釈加釈」

ITmedia LifeStyle 9月11日(日)6時10分配信

 所在地は沖縄県島尻郡座間味村。珍名地が多い沖縄県ですが、その1つとして有名なのが伊釈加釈です。「いしゃくかしゃく」と読んでしまいそうですが、「いじゃかじゃ」と読みます。0.02平方kmの、Googleマップに乗っていないほど小さな無人島です。

【正解はこう読みます】

 海水の透明度が抜群の地で、沖縄の醍醐味であるダイビングスポットとしても人気の島です。潮の流れが速い場所なので中級のダイバーにオススメ。とがった岩山が続く島で、岩壁で釣りなどもできるようです。マンタのクリーニングポイントがあったり高確率でウミガメにも出会えるようです。

 沖縄でダイビングをするときはぜひ立ち寄ってみたい伊釈加釈島です。

最終更新:9月11日(日)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]