ここから本文です

“疑惑”PKで勝利のアーセナル、ヴェンゲル「選手たちは『100%PK』だと言っていた」

GOAL 9月11日(日)10時39分配信

プレミアリーグ第4節が10日に行われ、アーセナルがサウサンプトンと対戦した。試合はアディショナルタイムにアーセナルがPKを決め、2-1で勝利している。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じた。

劇的な幕切れとなった試合だが、終了間際にオリヴィエ・ジルーが倒され、PKとなった判定にはサウサンプトンの選手たちから猛烈な抗議が行われている。しかし、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督は「PKになったシーンはまだ確認していない。でもうちの選手たちは『100%PKだった』と言っていた」と判定が間違いではなかったことを強調している。

また、サウサンプトン戦でアーセナルデビューを果たしたシュコドラン・ムスタフィは「90分間集中できていなかったら、ポイントを落としていただろうね。僕らは最後まで集中していたし、だからこそ勝利をつかみ取れたんだ。3ポイントを取れたことも嬉しいし、ファンが僕を受け入れてくれたことも嬉しかった」と語り、喜びを露わにした。

GOAL

最終更新:9月11日(日)10時39分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合