ここから本文です

サッカー=ロナルド「自分がレアル会長なら10年契約を提示」

ロイター 9月11日(日)11時54分配信

[10日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナルド(31)は10日、自身の契約について、「もし自分がレアルの会長だったら10年契約を提示する」と述べた。

ロナルドの現契約は2018年まで。「今は他のことは考えておらず、望むのはレアルで引退することだけ。ここは世界最大のクラブだから世界最高の選手を擁するべき」と述べた。

ロナルドはこの日のリーグ戦でひざの故障から2カ月ぶりに復帰し、ゴールを決めた。ことしはレアルで欧州チャンピオンズリーグ、ポルトガル代表として欧州選手権(ユーロ2016)の王座に就き、世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール」では2008、13、14年に続く4回目の受賞が有力とみられている。

復帰戦についてロナルドは、「体調が戻り、試合でゴールも決めた。パーフェクトだった」と語った。

最終更新:9月11日(日)11時54分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]