ここから本文です

吉川晃司、感無量 東京進出を後押ししてくれたカープ…最高だぜ!

デイリースポーツ 9月11日(日)6時0分配信

 プロ野球・広島が10日、25年ぶりのセ・リーグ優勝を飾ったことを受けて、広島ファンの芸能人も歓喜。広島出身の歌手・吉川晃司(51)はデイリースポーツに喜びを独占告白した。

【写真】“カープ芸人”徳井、宇治原ら 優勝ナマで見届け「ついに」と歓喜

  ◇  ◇

 カープ優勝!イエ~イ!。感無量です。これで広島が元気になりますね。それが何よりです。

 実は『カープの優勝があったから、今の自分がある!』と言っても過言じゃないんですよ。

 広島で生まれて、子供の頃は『東京は大都会ですごい場所』という憧れみたいなものがあった。でも、そんな東京のチーム・巨人を、広島の象徴であるカープが打ち負かして。それまで本当に弱かったカープが1975年に初優勝。当時は小学生でしたが『なんじゃ、広島は都会に負けてないじゃん』と勇気をもらいました。

 その後も79、80年に連続日本一になって。『全然行けるんじゃないか。コンプレックスや引け目を持つことはないんだ』と思わせてくれた。『自分も東京に勝負に行くぞ!ケンカを売りに行くぞ!』。そんな思いを後押ししてくれたのがカープ。本当に自信と勇気をもらいました。

 自分も年齢を重ね、どんどん故郷愛が深くなってきました。今回の優勝も、また大きな元気をもらいました。いや、きっと広島の全ての人に自信と勇気を届けてくれたと思います。

 先日、カープファンの奥田民生からメールが来ました。久々過ぎて『カープが優勝したら、何していいかわからん!』って。自分も子供の頃からカープファン。あの帽子もかぶって育った。彼とも何かできたらいいなと思います。

最終更新:9月11日(日)7時56分

デイリースポーツ