ここから本文です

トップ10の目標散った 「骨折」の工藤遥加、スタート前の棄権に涙

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/11(日) 18:24配信

◇国内女子メジャー第2戦◇日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯 最終日(11日)◇登別カントリー倶楽部(北海道)◇6750yd(パー72)

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯のフォトギャラリー

最終日のスタート前、通算5オーバーの13位タイにつけていた工藤遥加が「右肋骨不全骨折」のために棄権した。予選会を突破して、上位を狙える位置につけていたが、無念さで目に涙を溜めた。

3日目から「前兆はあった」という工藤。強い風の吹いたコンディションでラフからのショットを多く打ち、「力ではなく、テクニックで打ったつもりだったけど、肋骨に負担が掛かっていたかもしれない」と振り返った。

「これではラフに入ったら1ホールも持たないし、同伴の人にも迷惑を掛ける。見ているギャラリーも楽しくないと思う。来週はステップの中でも一番大きい試合があるし、QTもあるので長引かせるのも嫌。初めてメジャーでトップ10に入れるかもと思っていただけに、正直とても悲しいです」と、こぼれそうになる涙を必死に堪えていた。(北海道登別市/今岡涼太)

最終更新:9/12(月) 14:41

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

なぜ今? 首相主導の働き方改革