ここから本文です

クリソライトが優勝、クリノスターオーが2着で日本馬のワンツー/コリアカップ

netkeiba.com 9/11(日) 17:51配信

 現地時間11日に韓国・ソウル競馬場で行われたコリアカップ(3歳以上・韓国GI・ダート1800m・1着賞金5億6000ウォン)に、藤井勘一郎騎手騎乗のクリソライト(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)と幸英明騎手騎乗のクリノスターオー(牡6、栗東・高橋義忠厩舎)の2頭が参戦。

 スタートから積極的に手を動かし日本でのレースと同様に先行策を取り、クリノスターオーが2番手、クリソライトが3番手につける展開。1000m通過あたりでは日本馬2頭が抜け出してマッチレースの様相に。直線でクリノスターオーを突き放したクリソライトが6馬身差をつけて優勝した。勝ち時計は1分52秒3。

【日本馬プロフィール】
◆クリソライト(牡6)
騎手:藤井勘一郎
厩舎:栗東・音無秀孝
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:30戦8勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2013年ジャパンダートダービー(JpnI)

◆クリノスターオー(牡6)
騎手:幸英明
厩舎:栗東・高橋義忠
父:アドマイヤボス
母:マヤノスターライト
母父:ジェイドロバリー
馬主:栗本守
生産者:日西牧場
通算成績:27戦7勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:2015年アンタレスステークス(GIII)

最終更新:9/11(日) 17:51

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ