ここから本文です

岡田将生主演「不便な便利屋」がスペシャルドラマで帰ってくる!

cinemacafe.net 9月11日(日)19時0分配信

岡田将生主演で2015年4月~テレビ東京系“ドラマ24”枠で放送された「不便な便利屋」がこの冬、スペシャルドラマとなって復活する。今回も“常識破りな仕掛け”として劇中で制作するショートフィルムを札幌国際短編映画祭に正式出品する。

【画像】岡田将生

真っ白な雪に閉ざされた北海道の名も無き便利屋たちが吹雪の夜にバスが立ち往生したことから田舎町に滞在を余儀なくされ、おせっかいを絵に描いたようなオーナーの松井英夫(鈴木浩介)と離婚歴が3回の元刑務官・梅本聡一(遠藤憲一)、そして吹雪の日に迷い込んだ若き脚本家の竹山純(岡田将生)。彼らが織りなすハートウォーミングコメディとして連続ドラマ放送時人気を博した本作は、全国で爆発的な人気を継続中の大ヒットバラエティ番組「水曜どうでしょう」の企画&出演者であり、舞台演出や執筆活動など幅広い活躍を見せる北海道のクリエイター・鈴井貴之が脚本・監督を手がけたことも話題となった。

今回のスペシャル版では1年半ぶりに“あの町”に舞い戻って来る竹山を“予想不可能な出来事”と“運命のいたずら”が待ち受けることに。さらにレギュラーキャストに加え新たにヒロインも登場するという。

今回のスペシャル版放送決定を受けて岡田さんは「撮影中から皆さんと続編がやれたらいいねと話していましたが、やっとできます。遠藤さん、鈴木さんとの掛け合いが楽しみでしようがないです。また一段とパワーアップして帰ってくるので、僕自身楽しみながら最高の作品をお届けできるよう頑張ります」とコメント。

鈴木さんは「またあの町の空気が吸える! 不便な便利屋の世界を堪能させて頂きます。楽しみです! 純くん、バツさん早く会いたーい!」、遠藤さんも「北海道のキラキラした美しさの中でまたお芝居できるのが楽しみです。東京ではできない北海道ならではの作品になればいいなと思っています」とそれぞれコメントしている。

連続ドラマ放送時には劇中で「1時間で作るスノーマン(雪だるま)の数」を競うギネス世界記録TMに挑戦。過去の記録を500体近く上回る2036体で世界記録を見事更新したが、今回は劇中で便利屋の3人が制作するショートフィルムを本放送に先がけ、10月10日(月・祝)~16日(日)に札幌市で開かれる「【No Maps/Film】第11回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2016)」に正式出品。

「どこからがドラマで、どこからが現実なのか。テレビ画面で見るこのドラマを日常生活の中に組み込んでもらう。皆さんの生活の一部になる。そんな作品になり得たら最高に嬉しく思う」と語る鈴井監督。

前作でのドキュメントとフィクションの融合に続いて“劇中劇”を現実の国際映画祭に出品するという“常識破りな仕掛け”で、ドラマに新たな可能性を切り開こうというその意欲が生みだす映像に今から期待が高まる。

出演は岡田さん、鈴木さん、遠藤さんのほか森山栄治、トリンドル玲奈、森崎博之(TEAM NACS)、田中要次ほか。

「不便な便利屋」スペシャルはテレビ東京で年末年始放送予定。

最終更新:9月11日(日)19時0分

cinemacafe.net