ここから本文です

<キンプリ>新作製作決定に声優陣歓喜 柿原徹也「さらにパワーアップ!」誓う

まんたんウェブ 9月11日(日)17時46分配信

 “応援上映”も話題の劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(略称・キンプリ、菱田正和監督)のイベント「Over The Rainbow SPECIAL THANKS PARTY!」が11日、東京国際フォーラムホールC(東京都千代田区)で開催され、声優の柿原徹也さん、前野智昭さん、増田俊樹さんが登場した。イベントで、新作「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」が製作され、2017年6月に公開されることが発表されると、会場に集まった約1500人のファンから大きな歓声が上がり、神浜コウジ役の柿原さんは「皆さまのおかげです。ありがとうございます! 次は、さらにパワーアップして、皆さんの応援がとどろくような作品にしていきたいと思います」と喜びながら、意気込んだ。

【写真特集】前野智昭ら人気声優がずらり イベントの写真を一挙公開

 また、速水ヒロ役の前野さんが「まだまだ『キンプリ』は続くので、熱い応援をお願いします!」、仁科カヅキ役の増田さんが「ここまでこれたのは皆さまのおかげ。新作では、ぜってぇ負けねえからな!」と気炎をあげた。

 イベントでは、柿原さんらが朗読劇「Over The Rainbow 胸キュンジャンプは楽屋から」を披露。加藤英美里さんが演じる彩瀬なる、芹澤優さんが演じる福原あん、小松未可子さんが演じる涼野いとなどアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のキャラクターのメッセージも紹介された。イベントは昼の部、夜の部の2回が開催。ライブビューイングが、新宿バルト9(東京都新宿区)など国内82会場に加え、韓国でも3会場で行われ、ライブビューイングを含めて2公演で計約2万人が参加する見込み。

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」のスピンオフで、男性キャラクターのコウジ、ヒロ、カヅキたちが歌とショーにかける姿を描いている。1月9日に公開され、わずか14館での公開という小規模でのスタートだったが、口コミで話題となり、延べ上映館数が130館以上にまで拡大。現在も上映は続いており、観客動員数約46万人、興行収入約8億円を記録している。観客が映像に合わせて声を上げて楽しむ応援上映が「ニュース シブ5時」(NHK総合)などテレビの情報番組で取り上げられるなど話題になっている。

最終更新:9月11日(日)18時2分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。