ここから本文です

(くらしの扉)服のしみをきれいに まず油分を取り除いてから

朝日新聞デジタル 9月11日(日)11時30分配信 (有料記事)

 お気に入りの白いブラウスにトマトソースがぽたり――。がっくりくるそんなしみでも、コツさえつかめば自宅で落とすことができます。洗濯のプロに教えてもらいました。

 「色々な方法を試しましたが、これなら家庭のしみの8、9割はとれますよ」
 TVや雑誌で活躍する洗濯家の中村祐一さん(32)が勧めるのは、(1)まず油汚れを落とす(2)まだ残っている色素を漂白する、の2ステップだ。「水や漂白剤をはじいてしまう油を取り除けば、しみが落ちやすくなります」。厄介なしみの原因の代表格であるトマトソースやボールペンのインク、チョコレート、コーヒー、カレーにはどれも油が含まれる。……本文:3,314文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月11日(日)11時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。