ここから本文です

食べるよりインテリアにしたい……! 建築を学んだパティシエの幾何学図形デザートが美しい

ねとらぼ 9月11日(日)11時25分配信

 言われないとケーキだと気づかないほど美しく、CGのような幾何学図形デザートがInstagramに投稿されています。きれいな球体を27個連ねてできたサイコロのような真っ赤なケーキが、まるで3Dプリンタで作られた立体模型のようなビジュアルです。

【その他のケーキ】

 この真っ赤なケーキは、実際に食べられるムースとスポンジでできたラズベリーケーキ。ほかにも、テクスチャが入ったブロックのような見た目のチョコレートケーキや、真っ白でテカテカ光る泡がたくさん融合したような見た目のケーキなど、さまざまな幾何学図形デザートが確認できます。どれもケーキとして異質で魅力的。

 制作したのはウクライナ出身で27歳の女性パティシエ、Dinara Kaskoさん。彼女は焼き菓子に興味がありながらも、はじめは建築家・デザイナーとして就職。他にもカメラマンとして3年間働いていたこともあるのだとか。それらの経歴が、見事に投稿されたケーキとその写真に生かされているのではないでしょうか。

最終更新:9月11日(日)11時25分

ねとらぼ