ここから本文です

Aimer メジャーデビュー5周年記念イベントにandrop内澤崇仁がサプライズ出演

エキサイトミュージック 9/11(日) 22:00配信

Aimerが9月11日(日)、メジャーデビュー5周年を記念したイベントを都内某所で開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この秋からスタートさせる東京国際フォーラムホールAを含む初の全国ホールツアーがすでに全公演ソールドアウトとなっている中、今回のメジャーデビュー5周年記念イベントにはAimerのファンクラブ「Blanc et Noir」の会員から抽選でわずか計400名のみが招待され、非常に希少なイベントとなった。

イベントでは5年間を振り返るトークコーナーをはさみつつ、キーボードのみのシンプルな編成でのライブも披露。イベント終盤では、サプライズゲストとしてニューアルバム『daydream』に参加したandrop内澤崇仁が登場。内澤はギター&コーラスでジョインする形で、自身が楽曲提供・プロデュースを手掛けた新曲「カタオモイ」を初パフォーマンス。会場からはこの日一番の大きな拍手と歓声がわきおこった。

Aimerはこのほかに最新ヒットシングル「蝶々結び」やニューアルバム収録の「ninelie」を披露。最後はファンからのリクエストにこたえる形でデビュー曲「六等星の夜」を披露し、5周年記念イベントは感動的に幕を閉じた。

なお今回披露された新曲「カタオモイ」のミュージックビデオがイベント終了とともにAimerのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。ミュージックビデオにはAimerとともに内澤崇仁も出演しているので、こちらもぜひチェックを。

最終更新:9/12(月) 21:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]