ここから本文です

【RIZIN】RENA&山本美憂が公開練習、持ち味アピールの前哨戦に

イーファイト 9/11(日) 17:13配信

 9月25日(日)さいたまスーパーアリーナで開催の『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』にて、ワンマッチで対戦するシュートボクシング世界女子フライ級王者RENA(=25/シーザージム)と女子レスリングの元世界王者・山本美憂(=42/KRAZY BEE)が、11日(日)都内でそろって公開練習を行った。

【フォト】息子の山本アーセンを担いで投げる山本美憂

 お互いが持ち味を見せ合うかたちとなったこの日の公開練習。最初にリングに上がったRENAは3分1Rのミット打ちを披露。ワンツーからのフック、ボディ、アッパーと、キレのある強打を次々とミットに打ち込み、快音を響かせた。

 一方、山本は息子の山本アーセンとリングに上がると、音楽をかけながら時折笑顔を見せるなどリラックスした雰囲気。スパーリングでは鋭いタックルから豪快な投げを放ち、仕上がりの良さをうかがわせた。

 お互いの練習の模様をリング脇からチェックしていた両選手。公開練習後にそろってコメントを述べた。 

 山本のタックルを間近で見たRENAは「さすがに速いなと感じました。ただ、アーセン選手の方がはるかに速い。(感想は)それだけです。でも、この後の展開はさすがに見せてはくれないんだなっていう感じです」と、山本のレスリングスキル以外の部分が気になる様子。

 タックルへの対応については「(切る)自信はあります。何回か入られることもあるかもしれませんが、そこは集中して対応したいです。でも入られた時の対策もあるので問題ないです」と、どのような展開になっても万全の対策を講じていると話す。

 試合まで残り2週間と迫ったが「現状では8割はやることが決まっているので、残りの2割は自分の欠点を埋めるだけ。試合まであと2週間あるので、それまでに100%に持っていきます」と自信を見せた。

 対する山本はRENAの練習を間近で見て「打撃についてはさすがと思います。試合がすごく楽しみです」とコメント。その打撃対策として、新空手の名門・KSS健生館で出稽古を行うなど精力的に練習を重ねていたが、「レスリング以外の部分は全部が初めてなので、全て吸収するつもりでいろいろやってきました。リングの上で自分らしい戦いが出来るようになっていると思います」と手応えを口にした。

 試合に向けて、山本は「今からいろんなことを叩き込んでも時間が無いので、コンディションだけは万全にして、リングの上で100%の力が出せるようにしたいです。あとは大丈夫だと思っています」と意気込みを話した。

最終更新:9/11(日) 17:47

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています