ここから本文です

<岩手国体>リオ戦士、静岡県チームけん引 長谷川、松本も登場

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月11日(日)8時37分配信

 初日に登場した藤森太将(飛龍高出)に続き、2日目の10日は松本弥生(飛龍高出)と長谷川純矢(島田高出)もレースを泳ぎ、リオから戻ってきた県勢オリンピアン3人が本県チームをけん引している。

 長谷川はリオの後、体調を乱し、「練習らしい練習はできなかった」と明かす。それでも、「静岡県のために泳ぎたい。手本になれれば」と成年100メートル背泳ぎに出場し、3位で泳ぎ切った。「最低限の仕事はできたかな。ほっとしています」と責任感の強いところを見せた。

 松本は成年100メートル自由形に登場し、2位となった。リオから戻り、疲れが残る中で本県国体チームの合宿にも参加し、メンバーを鼓舞している。「五輪選手で、今回の国体を引っ張っていきたい」。最終日にも50メートル自由形と400メドレーリレーに出場する見通しだ。

静岡新聞社

最終更新:9月11日(日)8時46分

@S[アットエス] by 静岡新聞