ここから本文です

離婚危機ビヨンセが2人目の妊活 その理由と療法とは?

東スポWeb 9月11日(日)16時42分配信

 歌姫ビヨンセ(35)が2人目の子供を授かるために“妊活”を始めたことが分かった。米芸能サイト「レーダーオンライン」がその詳細をリポートした。

 ビヨンセはラッパーのジェイ・Z(46)と2008年に結婚して長女ブルー・アイビーちゃん(4)をもうけたが、2人目を熱望しているという。それというのも数年前からジェイに浮気の噂が流れ、何度も離婚危機説が取りざたされているからだ。そこで夫婦の危機を乗り越えるために“第2子を”と考えたようだ。

 産婦人科の専門家に相談したところ、この間の離婚危機騒動のストレスで妊娠しにくい状態になっているといわれたという。そこでインストラクターの指導でストレスを取り除くためのエクササイズを始めた。さらにはジェイと2人で専門家のカウンセリングを受けるなど、第2子妊娠に向けて夫婦で取り組んでいる。

「夫婦で専門医と直接面談したり、スカイプで話したりしています。その上で夫婦でストレスを取り除くためのマッサージを受けたり、弱い電流を体に通す療法など、数種類の治療を受けているようです」(関係者)

 ビヨンセは4月にリリースしたニューアルバム「レモネード」に収録された曲で、名指しこそしていないが暗にジェイの浮気をとがめるような歌詞を入れたり、その曲のミュージックビデオでビヨンセが結婚指輪を投げるシーンを入れたりして物議を醸したのは記憶に新しい。そうした夫婦の危機を一掃してビヨンセは無事2人目妊娠を実現できるのか成り行きが注目される。

最終更新:9月11日(日)16時42分

東スポWeb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。