ここから本文です

公園で男を突然殺す…自分でも理由がわからない若い母親役にジェシカ・ビール

シネマトゥデイ 9月11日(日)14時30分配信

 米女優ジェシカ・ビールが、ケーブル局USAネットワークの新ドラマ「ザ・シナー(原題) / The Sinner」のパイロット版で主演とエグゼクティブプロデューサーを務めると TV Line などが報じた。

【写真】ジェシカ・ビール出演『スマイル、アゲイン』

 「ザ・シナー(原題)」は、ドイツの作家ペトラ・ハメスファールのベストセラー小説「記憶を埋める女」をドラマ化したもの。若い母親コーラ・ベンダー(ジェシカ)が公園で見知らぬ男を突然惨殺し、本人はその理由が自分でも全くわからないという。一人の調査員がコーラとともに殺人の動機を探ろうと試み、彼女の過去、精神の奥底に埋められた暴力的な秘密を掘り起こすことになる。

 パイロット版は「ジ・アストロノート・ワイヴス・クラブ(原題) / The Astronaut Wives Club」のデレク・シモンズが脚本を担当。監督は映画『マーサ、あるいはマーシー・メイ』のアントニオ・カンポスが務める。

 シリーズ化が実現すれば、ジェシカにとっては「セブンス・ヘヴン(原題) / 7th Heaven」以来、15年ぶりのドラマレギュラー出演となる。(澤田理沙)

最終更新:9月11日(日)14時30分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。