ここから本文です

ヘルタ原口、前節に続き今節もマン・オブ・ザ・マッチに輝く…スプリント回数はチームトップ

GOAL 9月11日(日)7時58分配信

ヘルタ・ベルリンは10日、ブンデスリーガ第2節でインゴルシュタットと対戦し、2-0で勝利した。先発フル出場した日本代表MF原口元気は2アシストを記録し、ブンデスリーガ公式サイトでマン・オブ・ザ・マッチに輝いている。

日本代表から合流したばかりの原口だったが、8分、スルーパスから先制点をお膳立て。さらに試合終了間際には、絶妙なピンポイントクロスで2点目をアシストしている。
原口の活躍にブンデスリーガ公式サイトは「原口元気はヘルタの2ゴールを演出しただけではなく、シュートを4本放ち、チームのシュート7本のうち半分以上に絡んだ。また日本人選手はべダド・イビセビッチとともにチーム最多の競り合いを記録(19回)し、スピリント回数ではチーム単独トップとなった(26回)」とマン・オブ・ザ・マッチに選出した要因を説明している。

ブンデスリーガ開幕節でもドイツ誌『キッカー』でマン・オブ・ザ・マッチに選出された原口は、2試合続けて好パフォーマンスを披露している。次節はアウェーでシャルケ戦だが、次はゴールを期待したいところだ。

GOAL

最終更新:9月11日(日)7時58分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]