ここから本文です

メグ・ライアンの息子、メグ初監督作で役者デビュー!

Movie Walker 9月11日(日)11時0分配信

2世の活躍が目覚ましいショウビズ界で、メグ・ライアン(54)の初監督作『Ithaca(原題)』で、息子ジャック(24)が俳優デビューを飾った。

【写真を見る】新たな大物2世!監督デビューも噂されるジャック・クエイド

メグは1991年にデニス・クエイドと結婚。1992年に息子ジャックを授かったが、 2001年にメグとラッセル・クロウの不倫が原因で離婚したといわれている。

米テレビ番組「グッドモーニング・アメリカ」に出演したメグは、同作でメガホンを取るとともに、『ユー・ガット・メール』(98)以来のタッグとなるトム・ハンクスと夫婦を演じ、実の息子ジャックが長男役で出演。

メグは息子について、「ジャックは、こうなるべくして生まれてきたの。彼は10歳の時から、多くの時間をかけて、脚本を書いたり監督をしたりしているの。子供の時からちょっとした映画を作っていて、私の撮影現場にもよく来ていたわ。すでにマーティン・スコセッシ監督作の現場にも行ったし、今は、スティーヴン・スピルバーグ監督作の現場にいるのよ」と嬉しそうに語っている。

今回は役者デビューだが、今後は本格的な監督デビューを果たす準備を整えているようで、新たな2世スターが誕生しそうだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:9月11日(日)11時0分

Movie Walker