ここから本文です

中日ドラ1ルーキー・小笠原 7回2失点好投も本拠地初勝利ならず

東スポWeb 9/11(日) 19:21配信

 前回登板でプロ初勝利を飾った中日のドラフト1位ルーキー・小笠原が11日のDeNA戦(ナゴヤドーム)に先発。本拠地初勝利を目指したが、打線の援護に恵まれず、初白星はかなわなかった。

 この日も自身が「課題」とする立ち上がりで苦しみ、初回に先制点を許した。だが、その後はイニングの合間に下半身を意識し、ステップを踏むキャッチボールでフォームを修正。7回2失点とまずまずの投球を見せた。

 試合後、ルーキー左腕は「粘り切れなかった。いつも立ち上がりが悪いので、次は初回を0点に抑えたい」と反省しきりだった。

最終更新:9/11(日) 19:21

東スポWeb