ここから本文です

【広島OB津田恒実さん夫人・晃代さん手記】主人は村上さんと喜んでいる

デイリースポーツ 9月11日(日)7時0分配信

 「巨人4-6広島」(10日、東京ドーム)

 広島カープがついに、ようやく、25年ぶりにリーグ優勝を手にした。12球団で最も遠ざかっていた頂点。就任2年目の緒方孝市監督(47)が7度、宙を舞った。

  ◇  ◇

 緒方君、高君おめでとう。選手、球団関係者、OBそしてファンのみなさん、25年ぶりの優勝、おめでとうございます。

 前回の優勝は、主人の病気(脳腫瘍)が発覚した91年でした。テレビを見る余裕もなかったですし、とにかく生きるか死ぬかでしたからカープの成績もよく分かってないような感じでした。山本浩二監督らがお見舞いに来られて「“津田のために頑張るから”とみんなで話している」というのは聞いていましたが…。

 主人は1カ月くらい意識がなく、優勝争いが分かったのは直前です。優勝の瞬間はテレビで見ていましたが、複雑な気持ちだったと思います。あの場にいたかっただろうし、悔しかったと思います。

 93年に主人が亡くなってから今年初めてプライベートでマツダスタジアムに行きました。8月20日・ヤクルト戦。カープの戦いが気になっていなかったわけではないですが、主人がいない球場に行くというのは、平気で見られなかったのかもしれません。

 今年は緒方君が監督で、高君がヘッドコーチ。主人がかわいがっていた後輩です。1月に村上(宮川孝雄)スカウトが亡くなられ、お通夜で久しぶりに会いました。「村上さんが心配しているから絶対優勝してよ」と言いました。主人がいたらかなりハッパをかけていたでしょう。

 今の選手のことはほとんど知りません。ただ背番号「14」を着ける選手は気になります。大瀬良選手はなんとなく息子の大毅に似ているんです。

 主人が亡くなったとき4歳だった息子も27歳になり、東京で働いています。緒方監督と高ヘッドコーチが、息子世代の選手を率いての優勝。主人は村上さんと一緒に喜んでいると思います。

最終更新:9月11日(日)7時24分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]