ここから本文です

わずか3語でも『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ヴィン・ディーゼル用の秘密の台本あった!

シネマトゥデイ 9/11(日) 17:40配信

 映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の第2作でも樹木型ヒューマノイド、グルートの声を担当しているヴィン・ディーゼル用の特別な台本が存在することを、ヴィンとジェームズ・ガン監督がInstagramのビデオで明かした。

【動画】『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』キュートな本編映像!

 映画内でのグルートのセリフのほとんどは「アイ・アム・グルート」。台本は不必要に思えるが、ヴィンとガン監督用の2冊しか存在しない『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol. 2(原題) / Guardians of the Galaxy Vol. 2』の秘密の台本には、シーンごとにグルートが実際には何を言っているのかが細かく書いてあるという。このおかげで、わずか3単語でもヴィンは気持ちを込めて言うことができるそうだ。

 ガン監督がもう一つ答えているのが、低い声のヴィンがどうやって続編でグルートの声を出すのかというTwitterでの質問。「ホーマー・シンプソンの声優が常にあんな声をしていると思わないだろう? ヴィンだっていろいろな声色を出せる俳優だよ」と言い、あまりにもこの質問が多いため、このやりとりをInstagramにも投稿している。

 大ヒットマーベル映画の続編『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー Vol. 2(原題)』は2017年5月5日に全米公開される。(澤田理沙)

最終更新:9/11(日) 17:40

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]