ここから本文です

AKB田名部生来 “推し力士”はコワモテの松鳳山「ギャップにキュンキュン」

東スポWeb 9月11日(日)21時15分配信

 人気アイドルグループ・AKB48の田名部生来(23)が11日、東京・松竹芸能 新宿角座で行われた相撲好きトークライブ「OH!相撲ナイト ~9月場所~」に特別ゲストとして出演した。

 相撲芸人あかつと“相撲女子”のチキチキジョニー、みよこ、ゆんぼだんぷら松竹芸能の相撲好き芸人が集合。今年3月から大相撲開催場所ごとに行われ、今回で4回目を迎えた。

 相撲好きアイドルとして知られる田名部は“推し力士”コーナーで平幕の松鳳山(32=二所ノ関)を挙げ、「AKBの握手会の時、駅の改札で会ったことがあるんです。歩いている人を食べそうなぐらい顔は怖いんですけど、ツイッターで若者にはやってる『SNOW』アプリで、ワンちゃんになっていたりして。そのギャップにすごくキュンキュンしてます」とニッコリ。さらに田名部は、ルックスについても「すっきりしてる顔より、こういうむくんでる顔の方が好きなんです」と“相撲女子”らしい好みを明かした。

 また、力士とのベストショットを紹介するコーナーでは、現在はタレントとしても活動する元大関・把瑠都(31)に“お姫様抱っこ”をされている秘蔵ショットを公開。

「把瑠都さんとは(J:COMチャンネルの)わんぱく相撲の番組を一緒にやらせていただいて。『ぶら下がるか、お姫様抱っこのどちらがいい?』と言われて、お姫様抱っこをしてもらいました」とうっとりした表情で語った。

最終更新:9月11日(日)21時15分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。