ここから本文です

選手会長・小窪が広島を強くした…代打の切り札からチームの切り札へ

デイリースポーツ 9月11日(日)9時0分配信

 「巨人4-6広島」(10日、東京ドーム)

 悩み苦しみ、眠れない日もあった。今季から選手会長に就任。共に戦う選手を前に広島・小窪哲也内野手は、時に厳しいことも言った。松田オーナーが、鈴木球団本部長が、新井が奮闘を称える。「願いはかなったと思います」。懸命な日々は、最高の形で報われた。

【写真】今宵は無礼講!黒田&新井に樽酒ぶっかけた

 小学生の頃から中学、PL学園、青学大でも主将を務めた。だが、プロの舞台は勝手が違う。「正直、何をすればいいのか分からなかった。余計なことを考え過ぎました」。初めて託された重責に悪戦苦闘。新井には「誰かが間違っている時は、心を鬼にして言わないといけない」と背中を押された。同時に「全力でサポートする」とも。小窪が悩み、苦しんだ分だけチームは強くなった。

 以前から感じていた野手と投手の溝。昨秋キャンプから互いの意見を聞き回った。「それぞれ気持ちが違うというか。思いや受け取り方が少し違った」。橋渡し役に徹した。春季キャンプ中には菊池や丸と食事会を開催。「彼らが主力になって引っ張っていってくれれば、いい方向に行くと思っていた」。その後も定期的に若手、ベテランと食事を共にし、融和をはかった。

 松田オーナーは優勝の要因に「小窪が選手会長になったのが大きい」と言った。打率・195と自身の成績に納得はいかないが、まとめ役としての功績は計り知れない。「まだ、勝ち抜かないといけない。僕もそういう勝負どころでチームの役に立てるようにと思っているので」と小窪。クライマックス、日本シリーズ制覇へ、残る仕事はまだまだある。

最終更新:9月11日(日)9時54分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]