ここから本文です

都内全域で外国人の家事支援受入れへ 小池知事

エコノミックニュース 9月11日(日)9時13分配信

小池百合子都知事は9日開かれた国家戦略特区諮問会議に出席し、外国人による家事支援特例で、11月を目途に第三者管理協議会を設置し、年度内をめどに事業者の選定を行い、来年度には全国トップの実績を目指すとの考えを示した。

 また「都市公園内への保育所設置特例」をいかし、代々木公園に保育所を設置するなど、トータルで定員約550人になることや、当面1000人を目指すこと。今後も地域のニーズを踏まえて目標拡大に取り組む考えを示した。

 また女性が活躍できる環境づくりへ(1)保育所に対する地方自治体の裁量権の拡大(2)育児休業期間を現行の原則1歳までを2歳までに延長(3)小規模保育の対象年齢の制限を撤廃することを政府に要望した。

 小池知事は「都民ファーストの視点に立って、セーフシティ(もっと安心・もっと安全・もっと元気な首都)ダイバーシティ(女性も、男性も、子供も、高齢者も、障害者も、いきいきと生活できる、活躍できる、 多様性を持った都市)スマートシティ(世界に開かれた、環境・金融先進都市)の3つのシティをめざす」と『新しい東京』創りを示した。

 そのうえで、小池知事は、3つのシティを進めるには「国家戦略特区は大変重要なツール」とし「今まで以上に徹底活用する」考えを示した。

 安倍晋三総理は「小池都知事に参加いただき『外国人の家事支援人材の受入れ』を東京都全域で早速実施していただくことになりました。また、公園内の保育所設置など『総合的な待機児童対策』を一層進めていただきたい。『女性活躍のための規制改革』を提案いただいたので、政府として現場のニーズを受け止め、可能なところから迅速に実現を図っていきたい」と答えた。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:9月11日(日)9時13分

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]