ここから本文です

歴代最多、7度目全国V 静岡県東部9人制バレー「群雄会」

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月11日(日)11時30分配信

 静岡県東部の社会人でつくるバレーボールチーム「群雄会」が、三重県伊勢市で8月に開催された「第36回全日本9人制バレーボールクラブカップ男子選手権大会」で、歴代最多となる7度目の優勝を果たした。台風で中止となった2014年度を挟み、史上初の4連覇の快挙も達成した。

 大会には全国56チームが出場し、予選グループと決勝トーナメントで頂点を争った。群雄会は6試合全てストレート勝ちの“完全優勝”で圧倒的な実力を示した。野沢和宏監督(44)=函南町役場=は「選手の努力の成果」とたたえ、大会MVPに輝いた牛島健吾さん(22)=伊豆市役所=は「自分の力だけでとれた賞ではないが、貢献できてうれしい」と喜んだ。

 群雄会は、県東部の20~40代の公務員や会社員ら選手14人とスタッフ4人で構成。函南町を拠点に週3回練習を重ねている。

静岡新聞社

最終更新:9月11日(日)12時26分

@S[アットエス] by 静岡新聞