ここから本文です

国際的ハッカー集団VSメキシコで最も残忍な麻薬組織!実話の映画化にダニエル・ラドクリフ出演

シネマトゥデイ 9月11日(日)21時30分配信

 映画『ハリー・ポッター』シリーズの人気俳優ダニエル・ラドクリフが、アントワーン・フークア監督製作の新作『ウィー・ドゥ・ノット・フォーゲット(原題) / We Do Not Forget』に出演することになったとDeadlineが報じた。

激かわ…少年時代のダニエル【写真】

 フークア監督の制作会社フークア・フィルムズが手掛ける予定で、ファースト・ルック・メディアが製作資金を提供。国際的なハッカー集団「アノニマス」とメキシコで最も残忍といわれた麻薬組織「ロス・セタス」との実際にあった対立を描く。『主人公は僕だった』の脚本家ザック・ヘルムが独自の解釈で脚色する予定で、ダニエルと『スター・トレック』シリーズのザカリー・クイントが参加することになった。

 実際にあった組織の対立は、アノニマスがロス・セタスに拉致されたメンバーを解放させるために起こったもの。アノニマスはYouTubeに、もしメンバーを返さなければロス・セタスに内通した警官、政治家、さらにジャーナリストやタクシー運転手などの身元を暴露すると警告を出した。しかし、その後ロス・セタスがセキュリティーの専門家を雇ってハッカー集団を暴き出し、死を約束する脅迫を発表。結局、アノニマスが予告していた作戦は中止になったが、メンバーは無事に解放された。興味深い題材がどのような作品になるのか楽しみだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

最終更新:9月11日(日)21時30分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。