ここから本文です

実夫婦で夫婦役!エド・ハリスがロンドンで初舞台

シネマトゥデイ 9月11日(日)22時11分配信

 映画『アポロ13』『トゥルーマン・ショー』などで知られる名優エド・ハリスが、英ロンドンのウエスト・エンドで初舞台を踏むとBBCなどが報じた。

このころから激シブ!『アポロ13』のエド・ハリス【写真】

 エドが出演するのは、崩壊した家庭を描いたサム・シェパードの舞台「ベリード・チャイルド(原題) / Buried Child」のリバイバル。エドは農業を営むドッジを演じ、妻のヘイリーをエドの実際の妻エイミー・マディガンが演じる。二人はブロードウェイでも同役でステージに立っており、場所を変えての再演ということになる。

 エドとエイミーは1984年の映画『プレイス・イン・ザ・ハート』の共演で知り合い、撮影中に結婚。その後も『アラモベイ』『ポロック 2人だけのアトリエ』を含む多くの作品で共演している。

 「ベリード・チャイルド(原題)」はロンドンのトラファルガー・スタジオで11月14日から来年2月18日(現地時間)まで上演される予定。(澤田理沙)

最終更新:9月11日(日)22時11分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。