ここから本文です

松田翔太、父・優作の遺した言葉を明かす 「映画は監督のもの」

デイリースポーツ 9/11(日) 12:07配信

 俳優の松田翔太が11日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」に出演し、役者としてこだわりについて、父で俳優の松田優作が遺した言葉を明かした。

 翔太は番組で映画「オーバー・フェンス」(17日公開)で共演したオダギリジョー、蒼井優とともにトークを展開。1カ月間の函館ロケで仲を深めた3人は胸の内を赤裸々に明かした。

 映画、ドラマ、CMなど現在の多岐にわたる俳優業について、翔太は「僕の父親が映画は監督のもので、ドラマはテレビ局のもので、CMはある意味、俳優のものなんだ、みたいなことを言っていて、それがいつも頭の中に残っていて」と父・優作の言葉を披露。

 CMではKDDI auの「三太郎シリーズ」で桃太郎を演じているが、「CMの場合は自分らしいことができている」と振り返り、さらに映画については、今作品がひとつの契機となった様子で、「俺に足りてないのは、監督の絶対的な世界観の中にどうやっているかという自分を探すこと。それが今回楽しかった」と満足そうだった。

最終更新:9/11(日) 12:15

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]