ここから本文です

独占映像!オスカー受賞の美人女優が大御所に叱られる!?

Movie Walker 9月11日(日)16時16分配信

およそ10年の時を経てポール・グリーングラス監督とマット・デイモンのタッグ復活が実現した『ジェイソン・ボーン』(10月7日公開)。新たにシリーズ参戦を果たした豪華キャストも話題の本作から、アリシア・ヴィキャンデル演じるリー捜査官がトミー・リージョーンズ演じるデューイCIA長官からお叱りを受ける緊迫の本編映像を独占入手!

【写真を見る】リー捜査官に追われる“人間兵器”ジェイソン・ボーン

気になる叱られた原因は、ジェイソン・ボーン(マット)。姿を消していたボーンが、ロンドンに現れるという情報をキャッチしたデューイCIA長官は、新米であるリー捜査官らを派遣し、ボーン捕獲作戦を実行。「ボーンを捕らえCIAに復帰させる」という提案によって現場の指揮権を得たリー捜査官だったが突如捜査員達との通信が途絶えてしまう。

相手は驚異的な強さをもつジェイソン・ボーンである事を知っているデューイCIA長官は、引き続き指揮しようとするリー捜査官を叱責し、自ら指揮をとる事を宣言。謎の作戦員を投入することを決める。この一連のやり取りは非常に緊張感溢れるものだが、自分の甘さを指摘され、弱さを垣間見せるリー捜査官の表情に思わず視線を奪われてしまう内容となっている。

そんな必見の演技を見せるアリシアは、昨年『リリーのすべて』(15)でアカデミー賞助演女優賞を受賞し、世界的に注目を集める女優で、「昔ロンドンに住んでいた時、アパートで3人の女の子と住んでいたの。皆お金が無かったから「ボーンでも見る?」って感じで何度も3部作を見たの!」と以前から『ボーン』シリーズのファンであったことを明かしている。

デューイCIA長官に扮し、作品に深みをもたらしているトミーは数々の名作に出演し、日本のCMに出ていることでもおなじみの重鎮。トミーは本作への出演について「『ボーン』シリーズは好きな作品だし、そろそろ仕事に復帰しようと考えていた。マットのことは長年知っているからね。出演を承諾すべき条件がそろっていた。一番の理由は楽しそうだったからだ」とジョークを交えて理由を語った。

アリシア、トミーとの共演について主演のマットは「アリシアは作品に若さをもたらしてくれたし、トミーは伝説の俳優だ」と話し、『ボーン』新章に2人は欠かせない存在だったようだ。

リー捜査官は信頼を取り戻せるのか?CIAによるボーン捕獲作戦と謎の“作戦者”と呼ばれる存在、再び姿を現したボーンの目的とは?公開まで1か月を切った『ジェイソン・ボーン』に期待は最高潮だ。【Movie Walker】

最終更新:9月11日(日)16時16分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。