ここから本文です

赤井英和の長男・英五郎が全日本選手権出場権 「目指すは頂点」

デイリースポーツ 9/11(日) 15:17配信

 「全日本アマチュアボクシング選手権・関西ブロック選考会」(11日、兵庫県・西宮香風高)

 ミドル級(75キロ以下)は元プロボクサーでタレント・赤井英和(57)の長男・英五郎(21)が国本陸(大商大1年)を判定3-0で下し、2年連続で全日本選手権(11月16~20日、愛媛)への切符をつかんだ。

 「10カ月ぶりの試合なので、スッキリしました。思った通りにいったわけではないけど、練習してきたし、最後まで疲れなかったかな」と、成長の手応えを感じ取った。

 競技歴1年半で出場した昨年の同選考会でボクサーデビューし2勝。全日本でも1勝を挙げて8強入りした。それ以降、10カ月、都内で東農大、帝拳ジムを拠点にし全てをレベルアップした。

 「去年は何も知らない状態だった。今年はメンタル的にも試合の持って行き方も分かっていた。意識したのがガード。去年は考えたこともなかったけど、今回は常にガードを意識してきた」と、振り返った。見守った父からも「ゆっくり休め」とねぎらわれた。

 英五郎は小6から米ハワイに留学し、179センチの体格で高校ではアメフット選手として活躍した。カリフォルニアの大学に進学後「偉大な父を超えるのが夢であり目標」と昨年1月、米のジムに通い競技を開始。同5月から大学を1年休学し帰国。ボクシングに打ち込んできた。

 昨年全日本後、日本の大学に編入する考えもあったが、現在3年生で学業も捨てがたかった。選考会後の12日には再渡米し、復学。米でボクシングとの両立をはかっていく。

 視界には20年の東京五輪が入る。「全日本で目指すはもちろん頂点」。“浪速のロッキー2世”が父の果たせなかった五輪の夢を追う。

最終更新:9/11(日) 15:35

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革