ここから本文です

バス事故犠牲の小室さんしのぶプレート、英ロンドン大に

朝日新聞デジタル 9月11日(日)20時0分配信

 In memory of Yui Komuro(1994―2016、ユイ・コムロを追悼して)

【写真】ロンドン大留学時代、留学生仲間らとパーティーを楽しむ小室結さん(左から2人目)=フェイスブックから

 今年1月、軽井沢スキーツアーバス事故で亡くなった一人、小室結さん(当時21、早稲田大学4年)をしのぶ銘板(プレート)が、留学していた英ロンドン大学に完成した。共に学んだ世界の友人が寄付を集め、校舎の改装に合わせて設置を要望。10日、校舎のオープンとともに披露された。

 結さんは2013年夏から1年間、交換留学でロンドン大東洋アフリカ研究学院で勉強する傍ら、ダンス同好会に入り、在校生らとも活発に交わった。

 1月15日の悲報の驚きと悲しみは、フェイスブックや電話で、瞬く間に友人たちに広がった。日本の葬儀と同じころにロンドンでも2日間にわたり友人が追悼の会を開き、その場で「生きた証しを大学に残せないか」と案が出たという。

朝日新聞社

最終更新:9月11日(日)20時49分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。